第3回 音楽演奏&スライド写真上映 21世紀心霊写真学会のテーマソング


音楽演奏:Alfred Beach Sandal
スライド写真上映:大森克己

日時:2011年3月19日(土) 4月29日(金/祝)開場 18:00/開演 18:30
場所:北仲スクール3階 大教室

今年度の北仲スクールでは写真をめぐる連続公開講座「そして世の中には写真に写らないものがある」を開催。写真家・大森克己をメイン講師に、毎回異なるゲストを招いてレクチャーやイベントを行います。もはや美術のみならず、我々の日常に欠かせない存在となった写真。さらにイメージの氾濫さえ経験するこの世界で、いま、いったい写真はどのような可能性を持つのか?
第3回目では写真と音楽の出会いとして、いま注目の若手ミュージシャン、アルフレッドビーチサンダルの北里彰久さんをお招きします。彼の単独ライヴの他に、大森克己さんの写真スライドショーとライヴのコラボレーションを実現。誰もが驚く二者の組み合わせから、音楽と写真のスリリングな出会いが生まれるはずです。まさに「写真に写らないもの」と「音楽では聴こえないもの」が体験できる、またとない機会。

プロフィール

大森克己(おおもり・かつみ)
1963年神戸市生まれ。フランスのロックバンド " MANO NEGRA" のラテンアメリカツアーに同行して撮影したポートフォリオ "Good Trips, Bad Trips"  が1994年、第3回写真新世紀ロバート・フランク賞受賞。主な写真集に 『サルサ・ガムテープ』(リトルモア)、『サナヨラ』(愛育社)、『encounter』『STARS AND STRIPES』『incarnation』『Bonjour!』(すべてマッチアンドカンパニー)など。YUKI『うれしくって抱きあうよ』、曽我部恵一『けいちゃん』などのCDカバーや 「BRUTUS」 「Switch」 などの雑誌でも活躍している。

アルフレッドビーチサンダル
1985年東京生まれ。2009年に活動開始。以降都内を中心に多くのライブを行う。2009年末、自主音源「Alfred Beach Sandal」発売(翌年5月鳥獣虫魚より再発)。現在はライヴによってバンドから弾き語りまで、不定形のユニットとして様々な編成で活動中。






詳細情報

  • 企画責任:彦江智弘、平倉圭、榑沼範久(以上、横浜国立大学教員)
  • 企画スタッフ:松井宏(北仲スクール事務局)
  • 主催&お問い合わせ:北仲スクール(横浜文化創造都市スクール) 
  • 横浜市中区北仲通5丁目57-2 北仲BRICK 2F
  • Tel 045-263-9075
  • HP http://kitanaka-school.net/
  • Mail info@kitanaka-school.net